古賀 雅伸

 

2000年4月から、九州工業大学 情報工学部 制御システム工学科 助教授。

2007年4月から、九州工業大学 情報工学部 システム創成情報工学科 准教授。

2012年7月から、九州工業大学 大学院情報工学研究院 システム創成情報工学研究系 教授。

2018年4月から、九州工業大学 情報工学部 知的システム工学科 教授。
制御系CAD(数値計算、シミュレーション)、線形制御理論とその応用(ロボット等の制御)、生成AI(ChatGPT)の制御系開発への応用に関する研究を行っている。

プログラミング言語MaTXの作者

Linux・WindowsでできるMaTXによる数値計算」と「制御・数値解析のためのMaTX」を出版。

学生時代は舞踏研究部(ソシアルダンス)に所属。